手作り品を雑貨のワンデイショップなどで販売してお小遣い稼ぎ

pixta_13558498_S

クララさん
59歳、主婦歴33年

・どんなお小遣い稼ぎしていますか?

籐や、いぐさのカゴを民芸店やインターネットで購入。
布を使って手作りのあずま袋(中袋)を作り、カゴの中に入れてセットしたり、布制のコサージュを手作りしたりして、雑貨のワンデイショップやフェアで販売しています。

・お小遣い稼ぎしようと思ったきっかけは何ですか?

家庭の事情で毎日時間通りに働く事が出来ず、家にいるだけでは時間が少しあまることと、友人がワンデイショップに参加していて誘われた為。

・どのくらい稼げましたか?

材料代をのぞき、月2万~3万の収入

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは空いている時間を有効に使えるという事。
デメリットは布選びに時間が掛かる事と、もっと素敵なものを売っている人の才能を目の当たりにして、がく然とする事。

・これから始めようとしている人へアドバイス

本屋さんやインターネットで今どういう生地でどういう小物類が売れているかをしっかりチェックして、シンプルで質の良いものづくりを心がけると良いと思います。

主婦仲間で手作りのワンデイショップを月1回、カフェやホールを1日借りて開催しています。
最初はカフェに置いてあるチラシを見て「買う側」だったのですが、通ううちに「自分も縫物が好き。」という事に気づき「売る側」になりました。

参加者も随時募集しているので、主催者と話し、周りとのバランスなどを考慮して、参加させて頂くことになりました。
複数の作り手の集まりですから、コミュニケーションも大事です。
お互いに尊重しあいながら、楽しく1日を過ごせるメンバーであって欲しいとの主催者側の思いが伝わってきました。

手作りのものが主ですから、パンやスイーツ、無農薬野菜と手作り雑貨が毎月並びます。
お客様にはノートに住所や名前を書いてもらい、次回の案内を送るようにしていますから、リピータは多いです。
パンを売るブースの方は今でもパン教室に通っているとか、ある方はどんどん知名度があがって、とうとうパン教室を開くほどになりました。

おしゃれなカフェを開いた方もいます。
私のブースは籐のカゴに布袋が入っていて、持ち手の部分に布のコサージュが付いているものや、シンプルな麻布で作ったエコバッグを並べています。

また、海外旅行に行った際に蚤の市で買ったアンテークなものなども一緒に並べたりしています。

月一回、年齢もさまざまな楽しい仲間達と、素敵な一日を過ごし、少しですがお小遣いも得て満足感があります。

白いデニムで作ったパンツや手縫いのブラウスを並べれば売り上げもアップすると思います。
毎回出していると、お馴染みの方が買いにいらっしゃって、「今月も買って下さった。」という事があり、次は何を作って持って行こうかと考えるのが楽しみです。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ


家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です