懸賞ハガキでこれまで100万以上は稼いでいます!

pixta_11491255_S

じゃすみんさん
年齢 52才、主婦歴 25年

・どんなお小遣い稼ぎしていますか?

私のお小遣い稼ぎの方法は、懸賞で稼ぐことです。

・お小遣い稼ぎしようと思ったきっかけは何ですか?

きっかけは、たまたま手元にあったハガキです。

・どのくらい稼げましたか?

どれぐらい稼いだか計算した事はありませんが…100万はゆうに超えています。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは手軽に出来ることです。
デメリットはマメじゃないと出来ないことですね。

・これから始めようとしている方へアドバイス

このやり方は、小さな幸せが欲しい人向きです。

結婚して3ヶ月、土曜日の昼下がり。
主人は仕事に出かけていました。

掃除も洗濯も済ませて、家でのんびりテレビを見ていました。
旅番組を放送しており、新婚旅行の余韻がまだ残っていた私は、またどこかに行きたいな、と画面を眺めていたところ、番組の最後にプレゼントが。
一等の賞品が何と沖縄ペア航空券!
結婚の挨拶状用に買ったハガキが手元に残っていた為、それを利用して応募しました。

ハガキを出したのも忘れていた頃、テレビ局から電話があり、何と軽自動車が当たったと。
最初は騙されているのでは?と疑いましたが、この様な番組にハガキを出しませんでしたか?と言われ、話を聞けば確かに覚えがある。
そう、一等狙いで送ったのに、特賞が当たってしまったんです。

聞けば全国で2名の当選との事。
まさしくビギナーズラック。
(当時)41円のハガキで、約80万の車を手にしました。

すっかり味をしめた私は、それから懸賞にどっぷりハマりました。

月に約30枚のハガキを出し、欲しいと思ったものは大抵手にしました。
元々イラストを書いたりするのが得意だったのもあり、ハガキにきちんと目を通してもらえる地元のテレビ局関係の懸賞はよく当たりました。

パソコンで、住所、氏名、電話番号等をあらかじめハガキに印刷しておき、よく出すテレビ局の住所はメモしておく、気付いた時にすぐ書けるように、ハガキはすぐ手に届くところにペンと一緒に置いておきました。

ハガキでの懸賞生活は約25年、その間、車だけではなく、海外旅行(香港ペア)も当てました。
地方都市在住なのですが、有名アーティストの都心で行われたコンサートチケット(宿泊、交通費往復付きペア)も当たった事があります。
その他、現金、金券、食べ物、洋服、etc…様々な物を当てました。

最近はインターネット懸賞が主流になり、昔ながらの手描きイラスト等を披露する機会が減ってしまった為、当選確率が下がり、以前より応募する機会は減りました。
それでも暇に任せてハガキを書き、プロスポーツのチケットや飲料等を当てています。

金額にすれば(大物が当たらない限り)大したことは無いかも知れませんが、宅配便が届いた時のワクワク感、忘れた頃に届くサプライズ、何より趣味の範囲の金額で出来る手軽さで、なかなかやめられません。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ


家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です