自宅でおこなう在宅での簡単パートでお小遣い稼ぎ

pixta_25733354_s

めぐこむさん
27歳 主婦歴3年

・どんなお小遣い稼ぎをしましたか?

簡単なアンケートなどのタスクと呼ばれている仕事から始め、現在はコラムや記事作成などの長期契約の仕事をしております。
最近ではスカイプを使用したカウンセリングや家庭教師の仕事もしております。

・お小遣い稼ぎをしようと思ったきっかけは何ですか?

転勤族同士の結婚だったため、私が仕事を辞めることになりました。
私自身は仕事をすることが好きだったため、仕事を辞めた後は生活に張りがなくなってしまいました。
社会とのつながりを感じることができなくなってしまったのです。

また、収入が全くないということも、負い目のように感じてしまうようになりました。
そのため、気分転換のような軽い気持ちで、自宅でのお小遣い稼ぎを始めました。

・どのくらい稼げましたか?

収入自体はかなり少ないです。
社会人時代の1/4から1/5程度になってしまいました。
仕事の件数が少ない月は、1万円にも届かないというときもあります。
また、自宅での仕事ということで単価自体も非常に安くなってしまうので、時間効率を考えると外でパートをした方がよっぽどよいと思われます。

・メリットとデメリットを教えてください

在宅ワークでのメリット

在宅ワークのメリットとと言えば、何といっても家事との両立が簡単だということです。
『洗濯機を回しながら仕事をし、休憩をかねて洗濯物を干す』というように、家事の合間に仕事をすることができます。
また、主人が転勤族な上に勤務時間や休日もまちまちな職種のためパートで働くということが難しい私にとっては、パソコン1つあればすぐに仕事のできるというのも魅力の一つです。
時間に融通がきくので、主人の休みの日に休めるように仕事のスピードを調整しております。

在宅ワークでのデメリット

大きなデメリットは『稼げない』ということですね。
正直会社員時代よりも今の方が密度の高い仕事をしていると思います。
ですが、やはり単価はどうしても低くなってしまうため、収入もおのずと低くなってしまいます。
作業に1時間2時間平気でかかるような案件でも、単価で考えると数百円というものが大半です。
時間給に換算すると、平均賃金を大幅に下回っております。
ノマドワーカーや在宅ワークが仕事ととして認められるようになれば最低賃金も適用されるような案件が増えてくれると信じて仕事をしている状態です。

・これから始めようとしている方へアドバイス

在宅ワークを始めようと思っていても探し方がわからないという人は、在宅ワークがまとめられているサイトを活用するのがおススメです。
大手のサイトであれば、スキルを活かせる文章の作成や翻訳、スキルに自信がない人でもできる検索やまとめ、自宅でできる内職など、様々なジャンルのお仕事が揃っています。

ただ、頭にとどめておいてほしいのが、『稼げる仕事ではない』ということです。
空いた時間を活用したいという人や、家庭環境などから働きにでることが難しいという人には向いていますが、そうでないならパートをするということをまず最初に検討してみるのがよいと思います。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ