公文教室のスタッフのアルバイト

答案用紙の採点

パソコンママさん
37歳 主婦歴12年

・どのようなお仕事をされていますか?

月曜日の14時から18時まで、公文教室のスタッフのアルバイトをしています。
主な仕事内容は、子どもが解いた答案用紙の採点です。

・公文のお仕事を始めようと思ったきっかけは何ですか?

私は現在、下の子どもが1歳で、幼稚園に入園するまでは、できるだけ子どもの一緒に時間を大切にしたいと考えているので、フルタイムで働くことは望んでいません。
しかし、子どもの教育資金もためていきたいという考えから、子育てに支障がない程度、働きたいとも考えています。

幸い、夫の仕事の休みが、日曜日と月曜日と決まっているので、私がアルバイトをしている間、夫が子どもの面倒を見てくれています。
ちょうど、長男(小学1年生)の友達のお母さんが、公文の教室を運営することになり、1年くらい前から、我が家から近いところで公文の教室を運営していました。
そのお母さんとたまたま話をしているときに、他のアルバイトよりも時給が格段に安い(観光業が多い地域なのですが、観光業に携わっている人の時給は1000円以上が当たり前ですが、公文は770円からです)し、勤務時間が短い(月曜日と木曜日の14時から18時まで)などの理由で、なかなかアルバイトを募集しても人が集まらない、という話を聞きました。

私も、子育てに支障がない程度に働きたいと考えていたところだったので、「月曜日だけでもいいか?」と聞いてみると、即答でオッケーしてもらえました。

・どのくらいお金を稼いでいますか?

時給770円×4時間×4日/月で、約12,000円です。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、知り合いのお母さんが運営しているので、働きやすい(わからないことがあってもすぐに聞いて解決できる、急用や子どもの体調が悪いなどの理由でも休みやすい)ことが第一です。
それから、国語や算数、英語などの教材を使っているので、私自身が忘れていた問題などを思い出して、勉強をもう一度できることもいいと感じています。

デメリットは特に思いつきませんが、強いて言うなら、子どもを相手にしている仕事なので、仕事中も自分の子どもがどうしているのかがとても気になってしまうことでしょうか。

・これから始めようとしている方へアドバイス

ハローワークや求人情報から情報を得ることもいいかもしれませんが、「自分がどのようなスタイルで働きたいのか。」ということを知り合いの人に常日頃から伝えておくといいと思います。
そうすると、今すぐでなくても、人手が必要になったときにふと思い出してくれて、思いがけずに自分の希望のスタイルの働き口が見つかることも、往々にしてあると思います。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ