子ども英会話の家庭教師で上手にお小遣い稼ぎをするコツ

pixta_23906947_S

のしろますよさん
62歳、主婦歴38年

・お小遣い稼ぎをしようと思ったきっかけは何ですか?

結婚後はフルタイムで働いたことのない専業主婦でした。
経済的に子ども二人を大学まで進学させるには多少なりとも収入が必要だったので、子どもたちが小学生になるのを待っていくつかの副業を経験しました。

・どんなお小遣い稼ぎをしましたか?

比較的早くから始められたのは、子ども向け英会話の家庭教師でした。
私はもともと高等学校の英語教師だったことと、夫の転勤でイギリスで暮らしたことがあり、英会話には不自由していませんでした。
そこでまずは、自分の子どもに英会話を教えるために仲間を募った形で自宅で小規模な英海話教室を開きました。
 

このときは自分のスキルを磨くことも重要な課題だったので、月謝は1人1000円と格安で教えました。
でも自分の子どもをよその教室に通わせることなく勉強させられるので実質は10000円ぐらいの利益になったと思います。

引っ越しのためにこの教室は3年ほどで終わりにしました。
ある程度この教室をやって子ども英会話の教え方を会得したので、本格的に家庭教師をするためにある会社の訪問英会話教師の試験を受けて合格し、週に6家庭を訪問し幼児に英会話を教えました。

それまでの蓄積と会社の研修があったので、ある程度子どもに英会話を教えることは出来るようになったので案外すんなりとレッスンをすることができました。
レッスン料金は45分で1300円で時給ならまずまずですが、一つの家から次の家へ行くのに時間がかかり、1日に3レッスンが限度だったので1か月で30000円ほどと高額な副業ではありませんでした。
 

幸か不幸かその会社が一年半ほどで倒産してしまいましたが、教えていた子どもたちの保護者の方々が、私と個人契約をしてでも続けたいと言われたので、これを機に1レッスン3500円で教えることにしました。
私の収入は一挙にに二倍以上になりましたが、保護者の方々はもともと1レッスン3000円以上支払われていたので、会社の取り分がなくなった分、私の収入が増えただけで損をかけたわけではなかったので気分的には楽でした。
 

子ども英会話の教師は色々な英会話学校でも募集していますが、ある程度教えるスキルがないとレッスンにならないので研修がしっかり受けられるとこで勉強することは必須です。
収入は思ったほど多くないのでスキルを身につけたらば、個人で契約して教えるようにする方が得策です。
ただその場合には生徒募集が難しいので近所や知り合いを通して宣伝することと、自宅を教室に改造するか、よそのお宅に訪問して教えるかなどよく計画を立てて始める必要があります。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ


家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です