フリーマーケットを主宰してお小遣い稼ぎしてました

フリーマーケット

チェブさん
45才、主婦歴18年です。

・どんなお小遣い稼ぎをしていますか?

私が専業主婦だったとき一番稼いだのはフリーマーケットです。
初めはどこかの団体が主宰するものに場所代を払って店を出していました。
慣れてきたら場所を借りて出店者を募集し、フリーマーケットを主宰するようになりました。

・お小遣い稼ぎをしようと思ったきっかけは何ですか?

フリーマーケットと出会ったきっかけは、子どもが生まれてから、近所の公民館で定期的に行われるフリーマーケットでベビー用品を色々買うようになったことです。
子どもは服もおもちゃも成長と共にどんどん変わっていくので、中古でも安く手に入るのはとてもありがたかったです。

そのうち二人目が生まれて、二人の成長と共に不要なものもたくさん出るようになりました。
そこで、毎回お客さんだった私はその団体にお願いしてお店を出すことにしたのです。
3年間くらい出店しました。

でも日が合わなかったり場所が少し遠くて物を運ぶのが大変。
いっそのことこのようなフリーマーケットを自分の都合で作ろう、と近所の人に声をかけて、公民館で年に2回開催することにしました。

・どのくらい稼げましたか?

稼ぎは出品数によりますが、ごく普通の家庭である私は、一度の出店で5000円ほど。
子供服はTシャツなら1枚100円くらいで出しました。
ブランドの服は2000円でも売れました。
おもちゃは同伴の子どもに大人気で、マクドナルドのおもちゃでも20円で売れたりしました。

場所代は公民館なので安く、出店者で割って200円くらいでした。

・メリットとデメリットを教えてください

フリーマーケットのメリットは、何でも売り物にできて好きなように値段がつけられること。
自分の家が片付くのもいいです。
売れ残りは次回に回すと売れたりします。

でも一番よかったことは、近所の人と仲良くなれたことです。
出店者を募集したら、毎回20店舗くらい集まり、お互いに商品を見て買い合うこともできました。
フリーマーケットは長時間一人で店番をしないといけないのですが、子どもをトイレに連れて行ったりするのに店を空ける際、隣の出店者に店番を頼んだりできて助かりました。

デメリットは、チラシ作成や配布、出店者の取りまとめが大変なこと。
でもそれもグループで楽しんでしまっていました。

人によっては、自分の子が着てた服を近所の子が着てることに違和感があるかもしれません。
また、店を出すと家の中を見られているような感じがするかも。
そのようなことに抵抗がなければいいと思います。

・これから始めようとしている方へアドバイス

これからフリーマーケットやってみたい!という人は、まずはお客さんになって雰囲気を見てください。
そしてお店の人になっても楽しいのでぜひ挑戦してみてください!


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ