アパレル小売店の印刷販促物などの画像データー作成を在宅でやってます

アパレルPOP

ちずきぬさん
40代、主婦歴10年です。

・どんなお小遣い稼ぎをしていますか?

在宅ワークはアパレル小売店のダイレクトメール、チラシ、カタログ、POP、名刺など印刷販促物を中心とした画像データーの作成です。
 

まず各店舗の店長様より依頼をもらう際にある程度の商品撮影画像データー、文字体、色、イメージ、文面を出してもらいます。
あらかじめ文字体については使用可能なものの資料を渡しておきます。

画像の作成に入ります。
まずは画像に使用する素材の写真などをフォトショップで加工します。
モデル着用などあればどこで顔を切るのかなど、イラストレーターの原案サイズと行き来をして調整していきます。
 

撮影に関しては、素人のため角度が上からだったりすることがあり紙面に載せたときのバランスが悪いのでフォトショップで加工調整します。
色に関しても店舗の照明下での撮影は色が変わることも多いため、できるだけ現場にて打ち合わせ、現物のカラーを覚えておき撮影したものの色が違っている場合は記憶にそって修整します。
またモデルのポーズや体型を修正する場合は、商品の長さやデザインが極端に変わらない範囲でしています。
 

つぎにイラストレーターに素材画像や文字を載せて希望に忠実に画像を作ります。
その後、一度印刷をかけてみて自分なりの修整データーを別で作成します。

自分なりの修正は、まず依頼主の訴求したいイメージになっているかの確認、誤字脱字、背景と文字の見え方、目線の優先順位、全体のバランス、色、最終的にアパレルショップの販促物のため見た目に美しく、楽しいものになっているかの判断をします。
ハガキやチラシだと2時間程度、カタログだと4時間.POPや名刺は1時間程度かかります。

出来た画像を依頼者希望の分と自分なりの修整分と2部紙ベースで印刷をかけて依頼者に確認をしてもらいます。
ここで普段からコミュニケーションのとれている依頼者様だとスムーズに打ち合わせができます。
ほとんどがご希望の分と修整の分との折衷案になります。

折衷案にそって再度画像の修正をいれていき、紙ベースで印刷したものを依頼者に確認してもらいます。
そこでだいたい決定することが多いです。
 

次に印刷をしてくれる業者に連絡をしデーターを送ります。
2日くらいで校正を紙ベースで送ってくれます。
そこで再度、いちから依頼者にもらったイメージや原案をすべてチェックし次の打ち合わせで出た内容もチェックします。
(依頼者が忘れていることもあるからです)

そこでOKであれば印刷の依頼をかけます。
もちろんそこで確認事項がでてきたら確認をします。

・お小遣い稼ぎしようと思ったきっかけは何ですか?

お小遣い稼ぎをしようと思ったきっかけは、お小遣いではなく生活費が必要だったからです。
自分にとっての生活費はおしゃれをするための美容室や洋服なども含みます。

・どのくらい稼げましたか?

そこのアパレル店舗様は6店舗取引があり、1販促物で\2000頂いていました。
月にすると3万円くらいです。

・メリットとデメリットを教えてください

この作業のメリットは、自分の特技が生かせる在宅でできるということ。

デメリットは、普段からコミュニケーションがうまくとれていないとやり直しが多いということです。

・これから始めようとしている方へアドバイス

フォトショップやイラストレーターを使用できる人はぜひ、それが出来るということを多くの人に伝えたほうがよいです。
アパレルだと出される希望よりもさらに上をいく提案ができれば喜ばれます。

一番大事なのはイメージを表現することと、依頼者とのコミュニケーションです。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ


家事や育児の隙間時間に
今どき主婦の在宅ワーク

文章を書いてお小遣いがもらえる「在宅WEBライター」の稼ぎ方について、分かりやすく解説しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です