クラウドソーシングの在宅ワークで感じるメリットとデメリット!

pixta_20534357_S

ぴよさん
31歳、主婦歴5年

・どんなお小遣い稼ぎをしていますか?

在宅ワークに出会ったきっかけは、クラウドワークスやウーマン&クラウド(現在はサイト閉鎖)など、いわゆるクラウドソーシングサイトです。
子育て中にできるお小遣い稼ぎをネットで調べていたところ(当時はシール貼りや添削作業などの内職などを想定していました)、オンラインのパソコンがあれば気軽に始められる在宅ワークがあることを知りました。
 

クラウドソーシングでタスク案件に参加しているうちに、何度か同じクライアントの方の元でお仕事する機会をいただきました。
そのうちメッセージのやり取りなどで、継続依頼をしてもらったり、また案件が出た際には優先的にオファーをしてもらえるようになり、だんだん文字単価や記事単価も上がった仕事をうけられるようになりました。

今はクラウドソーシングでタスク案件ももちろん見ますが、特定のクライアントの方の案件を優先的に仕事をしています。

・お小遣い稼ぎしようと思ったきっかけは何ですか?

妊娠を機に仕事をやめ、産後当面は外で働けないと感じたためです。

・どのくらい稼げましたか?

まだ未熟ですが、多い時で月8万円ほど、少ないと2~3万円の時もあります。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、まず時間や場所に縛られないことだと思います。
子育て中は子どもの体調・機嫌・生活リズムなどで、決まった時間に仕事ができないことも多く、在宅ワークでも文章を考える仕事は集中力もいるため、子育ての片手間という考え方では成り立ちません。
なので、家庭の状況を見ながら、自分の受けられる仕事量を選んで、納期に間に合う範囲で、できる時間に作業をしています。

スマホでできる仕事や帰省先でもパソコンがあればできる仕事もあるので、隙間時間も活用するようにしています。

また、家にいながら社会とつながれていることも、私には嬉しいシステムです。
子どもと2人きりで、幸せなはず何何だかむなしい…
そして、経済的にもマイナスになっていくばかり。
そんな状況に、到底正社員時代には及びませんが、ちょっとした家計の足しやお小遣い程度の報酬を得ることができます。

また、自分の書いた記事が掲載され、誰かの役に立っていると思えるとやりがいを感じます。

 
デメリットは、やはり不安定な仕事状況であると思うことや、保育園入園の際等にも苦労を感じました。
「在宅ワークはまだまだ仕事として認知されていないのだな」と痛感しました。
在宅でも本格的に仕事をしていこうと思うと子どもと離れて集中することも必要だと思いますが、在宅だからという理由で「保育は不要」と思われ嫌味を言われたことが何度もあります。

・これから始めようとしている方へアドバイス

趣味やプチお小遣い稼ぎとしてやりたいのか、本格的に仕事として取り組みたいのかなど、気持ちや状況を良く考えた上で、自分に合った仕事内容や量を調整されると良いと思います。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ