在宅で音声起こしのバイトを楽しくこなすコツとは!?

pixta_291083_S

わかばさん
43歳、主婦歴7年

・どんなお小遣い稼ぎしていますか?

昔はテープ起こしと言われていた、インタビューや大学の講義、会議の音声データをワードデータにする、音声起こしをやりました。

音声起こしの会社のサイトを探して、トライアルを受けて、合格後、音声起こしの在宅ワークをしました。
音声起こしのための音源は会社から急に送られてきたので、内容を選ぶことはできませんでしたが、結構長い時間の音源をいただけました。

初心者のうちは、雑音が少ないものをいただけたので、想像より早いスピードで納品することができました。
通勤なく、金曜から月曜日にかけての仕事ができました。

・お小遣い稼ぎしようと思ったきっかけは何ですか?

不妊治療をしていて、通勤が厳しかったので仕事を辞めたけれど、やっぱり自分のためだけに使えるお金が欲しかったことがひとつです。
また、主婦の先輩方の経験談として、音声起こしは、いい案件や相性の合うクライアントさんとの縁ができると非常に続けやすい仕事だ、ということが紹介されていたので、当時は、ぜひこの仕事をやりたいと思って、頑張ってトライアルに挑戦しました。

・どのくらい稼げましたか?

一番稼いだ時で5万近かったです。

・メリットとデメリットを教えてください

メリットは、通勤なく、週末だけの事務作業で、おもしろい話がきけて、いい金額が稼げること。
いろんな話を聞けて、とても勉強になった内容も数多くあったことです。

登録した会社ではインタビューも多かったようで、最初のうちは子育てに役立つようなインタビューや、雑誌の記事になる前のインタビューかなというものが多く、やり取りを聞いて文字に起こす時間は、とても楽しい時間でした。
 

デメリットは、なんといっても肩がこるので、稼いだ分からマッサージ代が必要になって、ちょっともったいなかった月もあったことと、内容を選べないので、音声を聞いていて、自分の信条や信念と真逆の話でも、仕事として仕上げなければいけないことでしょうか。
楽しくなってサクサク仕上げて提出していたら、どんどん難しい音源が届くようになったので、ジャンルや難度の指定の変更は、できればしないほうがいいと思います。

あとは子どもができて、園行事や習い事などで親の拘束時間が多くなってくると、時間の調整が非常に難しくなってしまうことだと思います。

・これから始めようとしている方へアドバイス

音声起こしは難しそうに感じますが、普段からテレビやラジオの音声を聞きながら、そのままワードに入力する練習を繰り返すと、想像していたよりうまく仕上げることができるようになります。
難しいという思い込みを外して、トライアルにチャレンジしてみると、新しい世界が広がって、結構楽しくやっていけると思いますよ。

引き受けるジャンルを広げすぎなければ、きっと楽しい仕事です。
私の失敗は、途中からジャンルなんでもいいですよ、で、引き受けてしまったことかなと思います。


※人気ブログランキングに登録しています。
この記事が役に立ったという場合は応援クリックをお願いします。
↓↓

主婦・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ